SHAROL XIAO “ SELF ” PHOTO EXHIBITION FUKUOKA

2021年9月3日(金)~9月26日(日)

時間:12:00~19:00

この度、Other ではSharol Xiao (b.1994 台北在住)のセルフポートレート写真展 を開催します。 パリ、ニューヨーク、京都、台北…コンパクトカメラと35mmフィルムを使って記録した瞬間は、 美しく、瑞々しいエロティシズムを漂わせています。そこにはモデルとフォトグラファーの二人の Sharolが存在し、それぞれの感情を共振させることに成功させています。 「窓からの自然光が大好きです。暗い時はフラッシュや人工光でも撮影します。いつも三脚を使っ ているので、自然光がないときは長目のシャッターで問題はありません。」 「旅をすること、それは私に多くの感情をもたらしてくれます。国内、海外を問わず、非日常的な 時間を過ごすことで新たな想像性とエネルギーを得ることが出来ます。」 本展覧会では、ドキュメンタリーフィルム「I AM SHAROL」の上映も行われます。

Profile(略歴) Sharol Xiao – model , BDSM performer Sharolは台湾で小小(シャオシャオ)として知られるモデルとボンデージSMのパフォーマーです。 20歳の時にモデルのキャリアをスタートし、「生命と感情」について考えるようになりました。 21歳でボンデージSMを初めて経験し、「芸術と欲望」が切り離せないことに気づきます。 23歳で動物病院で働き、自然に生きることがとても貴重で価値があるものかを実感します。 Sharolはその頃からセルフィー写真を精力的に撮り続け、台湾、日本、バンコックやニューヨーク で写真展を開催しました。

other

福岡市中央区平尾5丁目4−33

other_card_text_a
other_image_6483441
other_card_photo_a